青山学院大学男子ラクロス部

2年 東郷麻弓 (月, 23 7月 2018)
こんにちは。 最寄の駅が一緒で駅の近くのココカラファインでバイトしてる、にもからまわってきた2年MGの東郷麻弓です。 早いもので2年生になって4ヶ月が経とうとしています。私にとって2回目のラクロス部との夏がやってきました。 この1年間を振り返れば楽しいこともあれば辛いこともありました。でも今自分がこうしてラクロス部を続けることができる理由を考えると、周りの人達のことが浮かんできます。 まず1番に浮かぶのは同期のMGの皆です。 私はすごく人見知りなので、入部当初同期のMGが12人もいると知った時、絶対みんなと仲良くなることなんてできないと思いました。しかも去年の7月ごろ私が当時1番仲良くしていたMGの子が退部するとなった時は本気でもう無理だと思いました。 でも気づいたら皆と一緒にいるのがとってもとっても楽しくて皆のことが大好きになっていました☺️仲良くなるのに何か大きなきっかけがあったわけではありません。ただ練習帰りに皆でゴミじゃんけんして笑いながら帰ったり、皆で集まって練習メニューを共有したり、部活帰りにおいしいものを食べたり。そんな何気ない日々の積み重ねは、特に大きな出来事があったわけではないけれど振り返ってみれば私の中では大切な思い出で、9人全員でいる日々はとても幸せです。 次に同期のプレイヤーの皆です。 同期のプレイヤーの皆は普段はひどいことを言ってきて傷つくこともあります…笑 でもこの前、あすなろ試合の前夜にMG皆で集まって徹夜して作ったミサンガを喜んでつけてくれたのを見たとき本当に嬉しかったです。徹夜の疲れなんて吹っ飛びました。最後の同期試合、結果は残念だったけど同期がこの31期でよかった!と思いました。みんなの姿は本当にかっこよかったです。 入部したばかりの時はパスすることすら危うかった同期のみんなが、今では試合で先輩に混ざって点を決めている姿を見ると自分のことのようにうれしいです。これからみんなが先輩になってこのラクロス部で活躍して、この部活を引っ張っていく姿をMGとして近くで見ていたい、そう思います。 そしていつかプレイヤーの皆が「青学のMGが1番だ!」と他大の人に自慢できるようなMGに私も頑張ります。 そして先輩方です。 はじめにMGの先輩方です。 1年生が入って自分も先輩という立場になり、私が1年生の時に見た先輩方の姿と今の自分がいかにかけ離れているか気づかされる毎日です。そして同時にMGの先輩方がどれだけラクロス部のことを考えていて、プレイヤーのために動いているのか実感します。 正直、MGの仕事がここまで大変だとは思っていなくて出来ないことばかりです。そんな時、前にMGリーダーのちかこさんがおっしゃった「MGは組織」という言葉を思い出します。自分がまぁいいか、と妥協したことは自分だけの責任ではなくてMG全体の責任になってしまいます。すぐにMGの先輩方のようにはなれなくても、組織として少しでも貢献できるようになりたいし私が1年生の時に見た先輩方に少しでも早く近づいて、「仕事を任せてよかった」と思っていただけるようになりたいです。 失敗ばかりの毎日ですが、いつか先輩方に「まゆ成長したな」と思っていただけるように頑張ります。 そして最後にプレイヤーの先輩方です。 いつも優しくて面白くて、でも練習中は真剣で全力な姿は本当にかっこいいです!! 特に4年生の先輩方は入部したばかりで不安な時からたくさん話しかけてくださって嬉しかったのを今でも覚えています。4年生の先輩がリーグ戦が終わったらいなくなってしまうと思うと本当に悲しくて仕方ないです。それくらい4年生の先輩方の存在は本当に大きいからです。4年生と一緒に部活ができる、この時間がずっと続けばいいのになぁ…と思ってしまいます。 でもリーグ戦は目の前に迫っています。悲しいけど、このリーグ戦は4年生の先輩の4年間が詰まったものです。私にできることは本当に少ししかありませんが、今までの感謝の気持ちを込めて4年生皆さんの最後のリーグ戦が最高のものになるように自分のできることを精一杯頑張ります。いつも笑顔でいっぱいの4年生の皆さんには最後もやっぱり笑顔でリーグ戦を終えて欲しいです。 今の私の毎日にはいつもラクロス部がいます。私は一人っ子で両親も共働きなので、以前は時々寂しいな、と思うことがありました。でも今は寂しいなんて思う暇がないくらいラクロス部が側にいます。 ラクロス部のMGとしての日々は大変だけど、今この周りの人たちに囲まれて一緒にラクロス部に所属できることは幸せなことだと改めて感じました。 そう思える出会いが出来たこと、これこそ私がラクロス部にいる1番の理由なのだと思います。 まとめる力がなくて長くなってしまいました🙇🏻‍♀️ このブログを書いていて、新シーズンが始まる前に改めて『一部昇格』を全員で掲げた日を思い出しました。そして青山学院大学ラクロス部が一部昇格を達成して全員で喜びたい!と改めて強く感じます。 でも私はそうなると信じています。なぜならプレイヤーはどんなに疲れていても『一部昇格』に向けて、壁当てや筋トレを一生懸命頑張っていたり、練習場所への移動時間も練習のビデオを見たり、この1年間をラクロスに捧げてきたところを近くで見てきたからです。 勝利の女神は努力している人たちの味方です。だったらそれは青学ラクロス部のプレイヤーの皆に間違いありません!!!!👊🏻 最後の最後に、青山学院男子ラクロス部が一部昇格するように願いをこめて私のブログを終えたいと思います。 次は浅野のことが大大大好きな、くぼちゃんです!!💁🏻‍♀️
>> 続きを読む

2年 二森 希一郎 (日, 22 7月 2018)
心優しいすぎからまわってきました、失くしたものはカバンをひっくり返せば出てくる二森です。 自分は今までの同期が書いているブログを読んであることを感じました。 それは、みんなリーグ戦を諦めている。Aチームに上がってリーグ戦に出場することを諦めているということです。 「お前はつい最近までAチームにいたからそう言えるんだろう」そう思われるかもしれない。 自分はチーム分け後すぐに怪我人が出た影響でAチームに呼ばれました。ミスはたくさんするし、いいプレーもあまりしない。それでもずっとAチームでプレーをしていました。しかしリーグ戦前1ヶ月、Bチームに落とされました。 とても悔しかった。 この時期にBチームに落ちる。これはリーグ戦に出るということに関して言えば可能性は低くなるかもしれません。だからといってリーグ戦に出るのを諦めるのかと言われればそれは絶対に違うと思う。 しかし長い期間で見れば最終戦までは3ヶ月もあります。3ヶ月もあれば人はいくらでも変われるしいくらでもうまくなれると思います。 Bチームの底上げという目標と、リーグ戦に出るという目標だったら後者の方が絶対にうまくなれると思います。 来年、再来年でいいやと思ってる2年生、3ヶ月もある。リーグ戦に出る可能性は低いなんてこと言ってないで一緒に頑張ろう。一緒にAチームに上がってリーグ戦に出よう。 この中からできるだけ多く、リーグ戦に出れるように頑張りましょう。 次は巷で噂の売り子、まゆちゃんです。よろしく。
>> 続きを読む

2年 杉浦 圭佑 (土, 21 7月 2018)
いつも黒曜石のように輝いているりりかから回ってきました今年は優しいだけじゃなくて断るということを覚えたい杉浦です みんなのブログを読んでいるといつもこんなこと思ってんだなって分かって楽しいです。 みんなの想いを知るっていうのもリーグ戦に向けて一体感を出すために必要ですよね チームビジョンもAll Box Memberですし なので自分も常日頃心の中で思ってることをつらつらと書きつらねていきます 自分がみんなからどう見えてるかは分からないですが、いっつもニコニコしててなんも考えてなさそうに見えてますか? え?見えてないって? まあそれはいいとして、そう見えてたらいいなと ですが、心の中では毎日毎日悩んでもしょーがないことで悩んだり、答えのない問いで行き詰まったり、うだうだうだうだ、、 行動した方が早いこととかもあるのに、ずーっと色んなことを考えてしまって1人で萎えて そーゆーことを口とか態度とかに出したくないし、みんなからいつもあいつ落ち着いてんなって思われたいからこんな闇の感情は押し殺して毎日生きてます笑 話は遡って高校3年の夏、高校野球の監督からこんなことを言われて怒られました 「お前のその冷静沈着なところは長所でもあり短所だ」 は?って思いました。 何言ってんだって 長所じゃん、どこが短所なんだよって そん時は 俺はいつも冷静でいたかったし、 みんなが熱くなって周りが見えなくなったときに一回落ち着こうぜって言いたかったし、 感情を暴走させたくなかったし、 弱音吐かないことがかっこいいと思ってた だからどういう意味なのか分かんなかった ほら、仙道みたいに笑(知らない人ごめんなさい) でも、今なら監督が言ったことがちょっと分かるかなって そりゃ冷静なことはいいことだと今も思ってるけど、やっぱずっと自分を騙して感情を作るのは違うよね そう思うと監督はあん時から見抜いてたんかなって思ってやっぱすげーなって改めて思います なんでこんなこと思ったかっていうと Bリーグ 日体、中央とATとして出させてもらった 出てない人もたくさんいる中、未熟な俺が出て、ATとしてなんも出来なくて終わってしまった 点取ることが仕事なのに全然取れないし、 ゴーリーの吾郎とかロングの人たちからも、いくら抑えても点取れないから勝てねーよって言われてなんも言い返せなかったし、情けなかった めっちゃ悔しかったけど、そんな感情も押し殺してたんかな1人で そして東大戦 出れなかった 理由を考えてみて もちろん技術的なこともあると思うけど、取り組みも甘かったかなって思った 今まで ラクロスに本音で向き合えてこれたかな チームメイトと本音で話せたかな ラクロスと仲間たちが好きだからこの部活をやってるけど、本音で向き合ったことで嫌いになっちゃうことが怖くて目を背け続けてきたんだと思う でもそんなの言い訳でしかないって東大戦を経て、このブログを書いて気づけた。 だって本音で向き合うのってめっちゃ疲れるもん でもそんなやつが1人でもいたらチームの一体感なんて出ないし、何よりも自分のためにならないなって ラクロス部をやってる理由を聞かれると今までは楽しいからって答えてた でもずっと正面から向き合い続けてたら楽しくない時だってきっとあると思う それでも目を背けずに部活を続けられたら、少しは成長出来たって言えるかな 今までは1人で抱え込んでたけど周り見れば、みんないるし、 もっと頼ってもいいよね? 最後に この時期にこのブログを通して自分と向き合えて良かったなって心から思う、気づけてよかったです 長文、駄文失礼しました 次は、いつも自分のものがないと騒いで結局自分のカバンの中にあるお騒がせボーイニ森です
>> 続きを読む

2年 木全梨里花 (金, 20 7月 2018)
こんにちは☀️元野球部、油そば大好き和智から回ってきました。木全です。 今度会った時はガンガン話しかけますね😆 今の時点で同期の半分以上がリーグ戦に向けてのブログを書いてきました。全て読んで思ったことがあります。それは感動と尊敬です。ほぼ毎日、グラウンドでも学校でも一緒に行動している同期だからこそこのような深い話する事が減ってしまっていますが、こういう機会に同期のブログをみるといつもふざけている同期ですが、このような事を思っているのだなと考え深くなりました。この機会ですから私も自分を振り返ってみたいと思います。 私は高校の時の部活は所属はしていたものの、緩くみんなでおしゃべりをして帰るという帰宅部同然の部活でした。高校の時に運動部に所属して大会に出たり、MGを経験していたりする他のMGに比べると体育会系とはあまり縁のない人間でした。高校の時と同様、大学に入ってもフラフラして4年間を過ごして行くのだな…と。体育会系など全く気にしていなかった私ですが、友達に誘われて行った体験会でただ"楽しそう"という理由で入った私。しかし入って私の意識は変わりました。週3である朝練、週末の練習とフラフラしていた私にはきついものでした。ただ1年生で初めて経験したリーグ戦で先輩たちの真剣な試合を目にした時の感動は今でも覚えています。今まではどの大会でも表舞台しか見ていなかったけれどMGという立場で表舞台に立つまでの経緯を知っているからこそ自分も同じ気持ちに立た事ができ、それを知っているチームメイトだからこそ一致団結して応援に全力を注ぐことが出来る。私はこのはじめてのリーグ戦でチームスポーツの素晴らしさを実感しました。それに加えてMGのやりがいに気づきました。MGは一手先を読むことが当たり前であり、プレイヤーがスムーズに練習できるように、また試合前に集中できるような場面を作っていました。MGは何が必要か、何をしたらいいか常に頭をフル回転させ考えながら動いています。プレイヤー達にMGは必要不可欠な存在、少しでも感謝されるよう普段の練習から1つ1つの仕事を大切にMGとしての自分を誇れるように頑張っていきたいと思います。 長々と書いてしまいましたが、 プレイヤーが自分の納得いくプレーを本番で見せられるよう、そのために全力でサポートしたい。 それが私の気持ちです。さらにいい結果をもたらしたら最高ですが😅 いつも初心を忘れずに、プレイヤーのサポートを第1に考え毎週の練習に励んで行きたいと思います!!! つぎはまたまた元野球部。いつもニコニコ優しいすぎです。よろしくね☺️
>> 続きを読む

2年 和智英昭 (木, 19 7月 2018)
どうもこんにちは、骨折のプロうきたから回ってきたラーメンも好きだけど油そば派のわちです。うきた、プロテインもいいけどカルシウムちゃんと取りなさい🐮 まえがき 長くて読むのが大変だと思うので、めんどくさい人は長々書いてる段落飛ばして読んでもらって結構です✈️ 僕は今とってもくやしいです。 それは今だにBリーグで勝つことができていない、ましてやそれがまともな試合にすらなってないからです。ほんとは他に書きたいこと色々考えてたんですけどこのことについて書きます。 僕は今年のBチームは弱いと思います。 これは実力の面もありますが、何よりメンタルが弱いと思います。何か物事に取り組むことにおいてメンタルというのはとても重要なファクターです。 集団スポーツではメンバー全員のメンタルが1番大事だと思います。 ラクロス含む集団スポーツではメンバーの気持ちというのは時に流れをひっくり返すほどの力を発揮します。今のメンタルのままだと格上のチームはおろか同等の力を持ったチームでさえも勝てないと思います。 ではどうすればいいのでしょうか? それは諦めない心を持つことです。 これものすごくありきたりでよく聞くと思うんですけど、それはこの言葉がそれほど大事だから言われていると思うんです。だってあの安西先生が言ってたんですから間違いないですよ。 試合に負けて悔しいと思う気持ちは誰しもあると思うんですけどそれより 「どーせAチームには敵わない」 とか 「今回は相手が強かった」 というような諦めの気持ちが悔しいと思う気持ちを食べてしまうからダメなんです。 「人を変えたいならまず自分から」 って言うことばがあります。だから僕がまず諦めない、勝ちたいって気持ち出していこうと思います。突然僕が変わってあいつなんか今日おかしいぞとか思われるかもしれないですけど勝ちたいので頑張ります。いままでの3連敗という悔しさをエサに強いチームに成長しましょう。それでAチームにもいい影響を与えて一部昇格しましょう。バチコリと勝ちましょう(⌒,_ゝ⌒) 頑張ります。 おしまい おまけ 聴くと頑張れる気がする曲を紹介したいと思います🎸 『できっこないをやらなくちゃ』 知ってる人も多いと思います。でもやっぱ何回聴いてもいい曲ですね。ぜひみんな聴いてみてください🎧 暇な淵野辺までの通学時間で書いたのでびっくりするくらい長くなりました。 次は感覚的にここ3ヶ月くらいまともな会話してないりりか嬢です。ご無沙汰です🖖
>> 続きを読む