青山学院大学男子ラクロス部

サマーに向けて 浅野瑛之介 (月, 21 8月 2017)
芋界の重鎮、久保くんから回ってきました。芋会員の浅野です。そろそろ芋と言われないように頑張ろうと思う今日この頃です。 このブログを書くにあたって振り返ってみるとラクロスを始めてもう5ヶ月が経つのかと驚きました。 大学に入るまでラクロスについての知識はほぼなく、先輩方の勧誘を聞いて楽しそうだなと思い入部したわけですが、いざプレーしてみるととても難しく、さらに相手に叩かれるのは痛くて腕はあざだらけでした。しばらく経つと僕はモチベーションを維持できず、向上心も薄くなり、ラクロスつまらないなと思うようになりました。 しかし、合宿で同期のみんなと長い時間を共に過ごし話をしたり、プレーを見る中でラクロスがつまらないのではなくて自分が下手だから楽しめていないのだと気がつきました。 その後はコーチや先輩、同期にたくさんアドバイスをもらうようになり、とにかくうまくなろうと思えるようになりました。サマーまで時間は限られていますが少しでもうまくなって楽しみ、そして勝てるように頑張ります! 次はプレイヤーでもいいんじゃないかと思わせる運動神経の持ち主でいつも楽しそうでいつでも笑っている明るいMG岡野です。
>> 続きを読む

3年 冨永一真 (月, 21 8月 2017)
貴重なオフ期間になぜか治さず、僕が言ってから治療に励みリーグ戦の1か月前に復帰したももちゃんから回ってきました、焦りは禁物とはまさにこのことですね。勉強になりました。ラクロス歴は3年の冨永一真です。よろしくお願いします。   毎年このブログを書くのは後半のほうなんですが、本当にみんな熱い思いを一人一人もっていて感動しどうしでした。文章をうまく書く自信がないので、石黒か植田凌央のブログのコピペで書こうかとも思っちゃいました(笑)     僕は今、純粋にこのラクロスというスポーツをやるのがとっても楽しいです。とてもやりがいを感じています。   それは毎日ラクロスをやっている中で毎回新たな発見や気づきがあり、それらはラクロスそのものだけでなく自分自身の成長に繋がっていると実感できているからだと思います。   しかし、去年ぼくは過程に満足することだけでは許されず、結果にとことん拘っていかなければならないと痛感させられました。   去年ぼくは2年生ながら、まさゆきさん、武藤さん、福田さんとMFの1stセットに組んでもらい貴重な1部の舞台を経験させていただきました。   1部の舞台は非常に強烈なものでした。日本一に一番近いリーグ戦での戦いはとても熾烈で残酷なものでした。   僕が去年のリーグ戦を通じて学んだ一番の教訓は、いくら自分が成長ていようが、ラクロスが楽しくて毎日が幸せなものであってもそれらに甘え、現実と向き合わなければ、本当に成し遂げたいことは成し遂げられず、消すことのできない非常に大きな後悔を残してしまうということです。   僕が強くそれを思ったのはこの日です。       これは去年せんげん台グラウンドにて獨協と1部2部の入れ替え戦を行い、負けた後のミーティングのときの写真です。この瞬間と家に帰ってからありえないほど泣きました。悲しくて、悔しくて、とにかく涙を止めようにも止めようにも止まらなかったのを覚えています。   それは単に負けて悔しかったからではなく、今までとってもお世話になったのりさん、引退してしまう4年生、喉が枯れるまで応援し続けてくれたチームのみんな、応援団、OBさん、保護者の方々の期待に応えられなかったからです。   ぼくは今まで逆算して行動するということが苦手で、ただひたすらに目の前のことに全力で取り組むスタンスでやってきましたが、それは面倒だからやっていなかっただけでなく、このままやったらどうなるのかを知るのが怖かったからです。逃げていました。   ですが、あの日からそれでは本当に成し遂げたいことは成し遂げられず、後悔してしまうことを心に留め、この1年間を過ごしてきました。   今年の新チームが始まってからは今まで以上に考えながらラクロスをやるようになりました。少しでもできるだけうまくなれるように。まあ上手くなるためには考えながらやるっていうのが一番大事って頭ではわかっていても、今までずっと考えずにラクロスやってました。簡単なんですよねぼーっとするのって、楽だし。   そこでまずはたった1つのことだけを課題を意識して、それができるようになったらまた次の別の課題を意識してと、1つずつしっかりこなしていったらどんどんどんどん意識できることが増えていきました。今まで脳みその1%くらしか使ってなかったであろうキャパが徐々に増えて今では20%くらいまで使えるようになってる感じがしてます(笑)   そんな感じで自分の成長が感じられるようになってからは本当にラクロスが楽しくなったし、あれもこれもやりたいなとプレーの幅もかなり広がりました。   たぶん同じようにうまくいってなくて面白くない、自分には向いてないとかで諦めそうになっちゃってるひととかって絶対いると思います。そんなとき、練習量を変える前に、まずは自分と向き合って練習の質をどうやったら上げられるかなって考えていけたらもっと簡単にうまくなれると思うし、結果にも表れてくると思います。そしたら楽しくなって自主練習の量も自然と増えていくし、確実にチームの力になるに違いないよね。     今年で引退してしまう4年生に恩返しできるチャンスは今年が最後。4年生の方々は本当に優しくて、自分が取った得点を自分以上に喜んでくれます。 今年も同じセットを組んでもらって1年生のときにしつこく勧誘されてからこの部活に入れてくださってからずっとお世話になっている武藤さんとは特にいい形で今シーズンを終えたい。今シーズン始まってずっと超えたい存在で目標にしてたし、常に練習中から何点取った、いくつアシストした、いくつボールダウンしてるのかまでずっと意識し続けてながら練習やってます。まだまだリーグ戦は始まったばかり、先輩だからとか思ってません。リーグ戦を通して絶対に超えてやります。     最後に、   初戦学習院戦負けました。やばいです。もう負けられなくなりました。でも今のチームは本当にチームワークがよく、お互いがお互いを助けられるとってもいいチームです。ビビらず120%の力出せたら絶対勝てます。   まだまだこれから、やってやりましょう!!!     次は、部内1ぼくの話をなんでも褒めてくれるはせおじちゃんです。                  
>> 続きを読む

サマーに向けて 久保 和也 (日, 20 8月 2017)
マネさんの中で1番いじり甲斐があり、1番肝が据わっている縄田から回ってきました。青キャンの芋こと久保でございます。そろそろコミュ力を身に付けたいのですが、中々難しいものですね。 自分は、幸運なことに時間割の都合上、全部の練習に参加する事ができて、誰よりも上手くなってやろうと高いモチベーションでラクロスを始めました。しかし2ヶ月程経つと、ラントレも始まり、疲労が溜まってくると一回一回の練習に集中して取り組む事が出来なくなっていました。 正直、今まで日本一を目指してスポーツをした事なんてなかったし、口では日本一を目指すと言っていても行動に移せていない自分がいました。 そんな中、同期の皆んなは練習に来れないけれど壁当てを数多くしていたり、積極的に自主練に参加していたりして、どんどん上手くなっていきます。 そんな皆んなの本気で上手くなりたいと思う気持ちに触れて、焦りながらも、勝ちたいならこれくらい頑張らなきゃと、初めて自分も日本一になりたいと、本気で思えるようになりました。 サマーではどの大学と当たっても勝ちたいし、同期の皆んなとなら勝てると信じています。サマーまであと11日ですが、まだまだ成長出来ると思っています。サマーを勝って終わるために、頑張りましょう! 次は、僕がラクロスを始めるきっかけとなった人物であり、ある者には神と崇められ、ある者にはイケメンと称えられ、ある者にはブスと蔑まれる。そんな忙しい浅野です。よろしくお願いします。
>> 続きを読む

3年 百瀬遼二 (日, 20 8月 2017)
最近僕への唐突なディスが前にも増して多いさこちゃんから回って来ました。百瀬です。 そろそろ僕の味方してくれる人募集してます。 まさかのブログFO三連続ですね。 前の2人がフェイスについて色々書いてくれました。くどいと思うかもしれませんが、僕にも書かせて下さい。 やっぱり僕もフェイスオファーなので。 フェイスオフというポジションは、他のスポーツには無い特別なものです。 あの一瞬の勝負でチームの勝敗の流れが変わる。 笛が鳴ったその瞬間、ボールを取り合うあの姿を初めて見た時、なんてカッコいいんだろうと感じた事を覚えています。 変な奴と思うかもしれません。初めっからフェイスやりたがる人なんてあまりいませんから。 ラクロスを覚え初めて成長盛りな頃、皆もっとフィールドに長い時間いるポジションをやりたいと思うのは自然だと思います。 でも僕は大学に入るまで見た事も聞いた事も無かったこのポジションに惹かれました。 そしてフェイスオフでラクロス部の力になりたい、そう思いました。 今でもその思いは変わりません。 僕は現在Bチームで凌央、行木と共に切磋琢磨しながらFOをしています。6月の初めに怪我から久々に復帰した僕を快く迎え入れてくれた2人には感謝しています。 行木、マレーシア行ってもフェイスの事忘れないでね。 石黒も言っていましたが、僕もこのFOというポジションに誇りを持ってやっています。 フェイスオファーは勝たなきゃ意味がありません。勝つために日々グラウンドの隅で練習しています。 なので負けると本当につまらないし悔しいし、今までの練習なんだったんだって思いさえもします。 そして何よりも負けるとチームに貢献が出来ない。これが1番嫌です。 だから勝ちたいです。何としてでも。 だって自分にはフェイスしかないし、フェイスこそが僕の武器なので。 新チームになって結果が上手く残せなかったり、怪我したり、他のFOの皆がどんどん上手くなったりでヘコむ事は数知れずありました。一時期は本当に腐りかけてた時もあります。 でも今は違います。今は目の前のBリーグでとにかく結果残す事に燃えてます。そしてフェイスでBチームに貢献して勝ちたいです。Bを引っ張ってる関根や陽太のプラスの声にはいつも助けられていますし、そんな声に応える様なプレイが出来る様に全力を尽くします。 それで勝ってAにも良い流れがいったら最高です。 そして明日は第4戦目、武蔵戦。 この間の成蹊戦の勝利は本当に嬉しかったです。勝った時のあの最高の雰囲気は忘れられません。 僕はあの雰囲気を皆と明日も味わいたいです。 勝ちましょう!! 明日は3人でフェイスから流れ変えていきます。 最後に 1年の終わりくらいからずっと一緒にフェイスの練習してきた同期FOの2人がリーグ戦でフェイスをしてる姿を見るのは、正直無茶苦茶悔しかったです。 でもそれと同時に一緒にずっとやってきたからこそ2人ならきっとやれるって信じてます。 石黒、さこちゃん頑張れ。俺もこれまで以上に頑張ってすぐ追い付きます。(今年もう諦めてるわけじゃないよ) 次は僕の怪我を完治させるために色々助言をくれた一真です。 一真が僕に強く治す様言ってくれなければ確実に最悪の状況になっていました。ありがとう一真。 そんなわけでむむこと冨永君よろしくお願いします。
>> 続きを読む

サマーに向けて 縄田 有里 (土, 19 8月 2017)
ゴツい顔に似合わず一部のマネからたくみちゃんと呼ばれているたくみから回って来ました!1年MGの野田洋次郎、、、ではなく縄田です🙌家では歌いすぎてよくうるさいって言われます😅 さて、サマーまで2週間を切りました! 夏合宿も終わりプレーヤーもマネージャーも少しは成長出来たのでは?と思います☺️ 私は最近やっとマネージャーの仕事に慣れてきた所です!今まで自分が応援してもらったりサポートしてもらう側だったので、初めの頃は戸惑うことも多かったのですがプレーヤーのことをいつも第一に考えている先輩方を見ているうちに私もこうなりたいと思うようになりました。一人前のマネージャーになれるように日々勉強中です! 私はこの部活に入ってから周りの人に支えられているなと思うことが増えました。それはきっと私だけではないと思います。一年生は先輩やコーチの方々に沢山の事を教えてもらっています。そんな人たちに恩返しするためにもサマーで結果を残さなければいけません。今まで練習してきた事をプレーヤーが100%発揮できるようにマネージャーで一丸となってサポートして行きます💪 最後に私の好きな言葉を載せておきます! "頑張る時はいつも今" サマーまで残り僅かですが全力で頑張っていきましょう👊🏻 次はひょろひょろのもやしっ子(色白ではないけど)のくせにラントレだけは速いくぼちゃんです😊 よろしく🙌
>> 続きを読む