青山学院大学男子ラクロス部

一年生合宿 (月, 20 11月 2017)
こんにちは。 1年生マネージャーの竹内です! 今回は11/18〜19に行われた一年生合宿について書きたいと思います! 1年生はウィンター優勝に向けて週末合宿に行って来ました✨ 初日は雨で寒さもありコンディションが悪くつらい練習でしたが、翌日は天気に恵まれとても良い状態で練習することができました🌤 通常の週末の練習時間は短く、やるメニューが限られてしまいますが、合宿では普段やらないメニューを朝から夕方まで時間を有意義に使ってみっちり練習に励みました! とても内容の濃い時間だったと思われます! ウィンターまでもう2週間少ししか残っていません! サマーの時のように悔いが残らぬよう頑張っていきましょう!目指せ優勝です🏅 ≪今週末の予定≫ 11/25 1年vs早稲田 @東伏見6:00〜8:30 11/26 B.1年 Aグラ7:00〜9:00
>> 続きを読む

多摩川グラウンド復旧 (土, 18 11月 2017)
こんにちは。3年マネのみのりです! もう11月も後半を迎え、なんだか秋を飛ばしてもう冬になってしまったんじゃないかなと思うくらい寒い日が続いていますね😱 10月に立て続けにおこった台風の影響で私たちのホームグラウンドである多摩川グラウンドがしばらく使えていなかったため、私たちは西戸山グラウンド等で練習をしていました。しかし、今週日曜から多摩川グラウンドが復旧し、使えることになりました!!🌳🌞 {0EA09513-9E72-4C08-A42C-137AA9F3B23F} {93EC578C-913F-45DD-BA59-F48BF2D7EA0A} 朝の時間がいつもより早くなったり、備品の割り振りや、新しいグラウンドの手配、チームごとの練習日程の調整など、沢山の困難をみんなでフォローしあって、ちゃんと練習ができて本当に良かったと思います! 何よりも、多摩川が氾濫してしまい、グラウンドがないと練習もできなかったため、グラウンド班には本当に感謝です。 また、グラウンドを借りることができるのもOBさんを始め支援して下さる方々のおかげです。 この場を借りてお礼申し上げます。 これからも、予想もしないことが起きることが絶対にあると思います。それが最悪の状況だったとしても、最善の方法を見つけ出し、みんなで力を合わせてそれを最良の状況まで持っていけるように、知恵を合わせて頑張っていきたいです!!🤛 一年生は合宿中です! 気をつけて帰ってきてください〜🙋 [今週末の予定] 11/18(土) 東戸塚11-13 1年合宿 11/19(日)上級者 多摩川Aグラ 7-9  1年合宿
>> 続きを読む

1年合宿まであと少し! (月, 13 11月 2017)
こんにちは!1年マネージャーの佐々木日向子です! 最近は寒暖差の激しい日が続きますが、皆さん体調管理には気をつけてください😣 さて今週末には1年生合宿があります。一泊二日という短い合宿ですが、ウィンターまで1ヶ月を切っているので個人技術はもちろんチーム力を上げられるような内容の濃い合宿にしたいと思います!! とは言ったものの、内容の濃い合宿とはどんな合宿なのか自分なりに考えてみました🤔 ただ闇雲にメニューをこなすだけではお金と時間がもったいないです。一つ一つのメニューの意図を考えながら練習することはとても大事です! 2日間の合宿が終わった時に少しでも上手くなった、合宿に来てよかったと自信を持って言える合宿にしたいです!そのために一人一人が目標を持って臨めたらなと思います!! 私たちマネージャーもプレイヤーがそんな合宿を送れるように全力でサポートしたいと思います💪 "たかが2日、されど2日"と胸に留めて合宿に臨みましょう! [今週末の予定] 11/18(土) 東戸塚11-13 1年合宿 11/19(日) 1年合宿
>> 続きを読む

4年 飯塚浩正 (日, 12 11月 2017)
前回のブログからだいぶ時間が空いてしまいましたが、 ざぶから回って来ました、飯塚浩正です。 今年一年DFリーダーを務めさせて頂きました。     「リーグ戦へ向けて」というテーマで始まったこのブログも、すでに予定されていた5試合は全て終わり 残すは入れ替え戦だけとなったので、 主に僕自身の今年一年間の振り返りをしたいと思います。     今年一年、「自分らしく」をテーマにDFリーダーに取り組んできました。     「自分らしく」これを軸に行動しようと思ったきっかけは、一昨年の主将の啓介さんが以前ある話をしていたから。   それは、4年生で啓介さんが主将をやるとなった当時、歴代の主将のようにチームをまとめるべきなのか、果たしてそれが自分にできるのか悩んでいた時に、母親から、「あなたらしくやればいい」と言われたので、自分のやり方で主将としてチームをまとめた、という話であった。   自分自身、2年生の頃からリーグ戦に出場させてもらっていたので、4年生になったらDFリーダーをやることになるのかなと漠然と考えていたけれど、それと同時に自分にそれができる自信は全くなかった。 それこそ歴代のDFリーダーは皆話すのが得意だし、周りを盛り上げること、まとめることが上手であった。 一方で自分は、盛り上げたり人をまとめたりするのも得意ではないし、そもそもあまり話すタイプではない。 歴代の人たちと同じようには絶対にできない、どうすればいいのだろう、と悩んでいた。   4年生になってDFリーダーを任せてもらった時、どうやってみんなをまとめれば良いのだろうか、そう悩んでいた時に啓介さんの話を思い出した。   自分に任せてもらえたということは、自分らしいやり方でやればいいのではないか。 自分らしくやらないとそもそもプレーヤーとしても上手くいかなくなってしまう。 そう思った。   一人でまとめるのが苦手なら、周りに協力してもらって一緒にまとめていけばいいんじゃないか。 盛り上げたりするのが苦手ならそこは盛り上げ上手な人に任せて、自分は技術的な面で主に指示出せればいいんじゃないか。 そうやってみんなでDFを作っていければいいんじゃないか。 そう思って取り組んだ。   でも、「自分らしく」って結構難しい。 自分はこれが苦手だし、これやるの自分らしくないから他の人に任せよう、ってなったらこれは単なるサボり。 でも苦手なことでもできるようにならないと、と無理して自分のやり方を変えていくのも、それはもはや自分らしくない。   最初は、苦手なこともできるようにならないと、と思って練習に取り組んでいたけど、いつのまにか「リーダーとしてどう取り組むべきなのか」ばかりに意識がいってしまい、ラクロスのプレーは非常に疎かになってしまっていた。これはもう自分らしくないな、とそこで気づいた。 それからは全て自分一人でやろうとするのではなく(そもそもできてなかったけど)、周りに頼ることにした。   そこで初めてチームであることの重要性に気がついたような気がする。 一人では不可能なこともチームでは可能にできる。協力しあってこそのチームなんじゃないかと。 これまでのブログで何人かが言っていた、「当事者意識」という言葉。チームの一員として協力しようと思う、貢献しようと思う、その「当事者意識」こそがチームが一つになる上で必要なのではないか。 ということに気づいた。     そうして迎えたリーグ戦。 初戦の学習院戦。正直負けると全く思っていなかった。それまでの練習試合ではほぼ負けなしだったし、スカウティングやっても負けるような相手ではないと感じていた。どこかに驕りがあったと言われればそうなのかもしれないが、練習も試合当日も手を抜いた訳ではない。 続く東洋戦も負け。     すごくショックだった。 これまでの取り組みは何だったんだろう。 自分のDFリーダーとしての関わり方は間違っていたのかと。 もちろん正しかったとは全く思っていないし、改善すべきところはいくらでもあるけど、関わり方を根底から否定されたような気がした。 自分がDFリーダーをやってなかったらもっと違うDFができて、失点ももっと抑えられて勝てていたのかもしれない。     この思いは今でも変わらない。     でも勝っていたからといって正しかったと言えるとは限らないし、そもそも何が正解なのかはわからない。   今更後悔しても遅い。 何よりも今大切なのは、正しかったとは言えなくても少しはチームにプラスになるように取り組むこと。 そして、後輩に何かしら来年につながるものを残すことだと思う。     いちラクロス選手として技術を磨くこともそうだけど、 それ以上に、後輩に少しでも技術的なアドバイス(パスカットと片手でひょいってやるやつくらいしか教えられないけど)や4年間で学んだことを伝えること、 そして入れ替え戦に勝って2部に残留すること、   それが今年1年間だけでなく、4年間いろんな人に支えてもらった恩返しとして最後に自分がやるべきことだと思う。       最後にDFの皆へ、 今年一年間頼りない自分を支えてくれて本当にありがとう。 皆のおかげで1年間何とかやってこれました。優柔不断だしまとめられないしで本当に迷惑をかけました。 お許しください。   今年1年間で皆本当に上手くなったと思う。 リーグ戦5試合通しての失点数は6チーム中最小だったみたいだから自信持とう。   DF陣は良くも悪くも雰囲気が良くて、人のミスに対して強く指摘することがあまりないけれど、だからこそ自分のミスに対してもっと反省しよう。「練習だからしょうがない」、「試合だったらちゃんとやる」って流していては実際の試合でも同じミスをする。チャレンジした結果のミスならいいけれど、サボりのミスは絶対に良くない。 そこだけはちゃんとやろう。   あと1ヶ月、まだまだ迷惑かけると思いますがよろしくお願いします。           次は……………………             けいた!!
>> 続きを読む

あいらぶグラウンド班!!! (木, 09 11月 2017)
こんばんは! 2年マネージャーの渋谷ひな乃です。 今回のブログでは、チームの裏方について書いていきます! 私たちの毎日はいつもグラウンドから始まる。 そのグラウンドを探して押さえる仕事を担っているのがグラウンド班です。 いつも練習に使っているグラウンド。最近は台風の影響でホームグラウンドである多摩川が使えず、いろんなグラウンドを転々としています。実はグラウンド探しは思っていたより難しく、奥が深いのです。 {B0CAAC5D-9A77-4F91-8C17-9DB657FB5365} グラウンド班の仕事の結果は、チームの練習の有無に直結してしまいます。練習ができなければ上手くなれないし、なかなか勝てません。 チームの練習の有無に直結する=チームの勝利に関わる かなり責任重大です、、 グラウンド班では マネージャーが多摩川の予約 プレーヤーが多摩川以外のグラウンドの予約 主務が緑が丘や高等部グラウンドの手配 渉外係が合同練や練習試合の相手探し 会計がグラウンド利用料の計算 学年代表が各チームのグラウンド割り振り 基本的にはこんな感じで各自が仕事をし、連携を取りながら、どのグラウンドを使うかを考えています。多摩川が使えない今月は、予約システムの利用開始時間に合わせて朝5時にみんなで一斉にグラウンドを押さえたりもしました(笑) このメニューがしたいから、あのグラウンドは狭いから、今月あと幾らお金が使えるから、とそれぞれが他の担当の仕事のことも考えながらグラウンドを探すのは、変化する空き状況に対応する力や最善のグラウンドを選択する力が必要で、大きな責任も伴うため大変です。だけど、それぞれが連携して各自のできる限りのことを尽くしてなんとか練習場所を確保したときはものすごく嬉しく、やりがいがあります! いつも使っているグラウンドや備品 反省をあげるために見るビデオ 当たり前のように参加している合宿や試合 実はいろんな人が裏で動いています。 そんなことを考えながら練習に取り組んでみるのも面白いかもしれません。寒くなってきましたが、怪我や風邪に気をつけて、17チームでラクロスができる時間を大切にしましょう! ≪今週末の予定≫ 11/11(土)@緑が丘 14:30-18:00 11/12(日)1年練習@江戸川ラグビー12:00-16:00
>> 続きを読む