青山学院大学男子ラクロス部

4年 植田凌央 〜前編〜 (木, 20 9月 2018)
音のない世界。 いや、 フェイスオファーには聞こえる。 風が芝生を撫でる音が、 審判の笛の吐息が、 感情のざわめきが、 そして、 応援席からの皆の声が、確かに聞こえる。 皆の応援がいつも力になってます。植田リョウです。綴ります。 「責任という重圧」 自分にとって今シーズンはこの一言に尽きます。正直いまが一番キツイです。 Bリーグで伸び伸びと自由に、自分のためだけにプレーしていた過去とは確実に違いました。 初めてAチームの練習試合に召集された日の出来事を鮮明に覚えています。試合の内容どうこうというより、皆の勝利への熱量が半端なすぎて僕はひとりボックスの中で押し潰されそうでした。 こいつらアツ過ぎる。 このままでは火傷をする。 誰か水をくれ。 しかし、それは同時に責任感の命が僕の心の中に宿った瞬間でした。 試合中はなぜ皆がこれほどまでに熱量をもって勝ちにこだわるのか不思議で自分だけ、どアウェイだった気がします。 今や大所帯となった青学ラクロス部。 組織の代表として試合に出る以上、一つ一つのプレーには大きな責任が伴います。 たぶんその場にいたボックス含め全ての選手が自分のプレーに誇りやチームとしての責任を持っていて、どんな逆境にも負けない心の強さ的な何かを持ってたんだと思います。 試合でのたった一本のグランドボールだって、そこにたどり着くまでに幾多もの選手たちの血の滲むような努力があって。 普段練習環境を作ってくれるマネージャー、コーチの方々、そしてOB・OGさんたちのご支援ご声援があって。 本気で応援してくれる大勢の人達がいて。 フェイスにしても、細かい動作ひとつにしても組織のために全力でプレーしてやろうっていう気持ちを背負って限界超えてやり抜かないと皆に対して失礼です。 当たり前に練習が出来ているこの瞬間。 ユニフォームに袖を通すこの瞬間。 皆と喜びを分かち合えるこの瞬間。 全てに感謝し、 全ての瞬間に責任をもつ。 悔いだけは残したくない。 今ここにある一瞬は、決して戻ってはこないものだと思うから。 フェイス一同、責任を持って最高の流れをAGULAXのもとに届けます。 最後に、 今日まで支えてくださった全ての人たちへ。 青学ラクロス部は僕にとって誇りです。 最高のチームです。 入部当初から憧れ続けていた先輩方のような選手にはなれなかったけれど、 毎日成長していく後輩たちを間近に見ることができて、 熱い応援を背に試合に出場するチャンスをいただくことができて、 最近は何かとメンタルブレイクする毎日だけど、 今が最高に楽しいのは間違いない。 勝つべくして勝つ。 植田凌央 次は、日々1UPを遂げるアタック。 最高につまらない男、斎藤純。 #91 #All box member #紅い長槍 #後編は打ち切りとなりました
>> 続きを読む

4年 小田知紘 (水, 19 9月 2018)
せなから回ってきました4年マネージャー小田知紘です。 私たちは2年の冬にみずきさんたちが引退されて、最上級生マネージャーになりました。 当時の私には準備や自覚が足りてなく、最上級生として部活を回すことは大変でした。先輩方がいたら、この局面ではどういう判断を出していただろうと考えるときが何回もありました。 最上級生になってから、先輩方がいる時代にもっとたくさんのことを吸収しておくべきだった、あのときの自分は成長が止まっていたのかなと思います。 3年でリーグ戦のタイムをやった際は、自分の中で悔しいものとして残っています。去年一年はとにかく、がむしゃらに部活をやっていましたが、お世話になった28期の先輩には何も恩返しができなかったと思うと今でも後悔が残っています。 後輩マネージャーには、自分たちと同じ苦労だったり、後悔をして欲しくないなと思っています。 部の運営を任された今年一年、ちかことりなが幹部として引っ張ってくれて、自分はラスト一年何ができるのかを考えたときに、 一緒の練習についたときにアドバイスをしたり、自分が受け持っている班をきちんと引き継いだり、 これからを担う後輩に目を向けることでした。 かわいい後輩を注意することは自分の性格上得意ではなく、うまく伝えられなかったり、中には腑に落ちないこともあったかと思いますが、 私たちが最上級生になってからのこの二年間、後輩は一回りもニ回りも成長して、部活の力になってくれました。 後輩を見ていると、逆に私自身、気づかされることもたくさんありました。 練習試合係では、 あやのを中心に、私がやって欲しいと思ったことを後輩たちが率先してやってくれていたときには、快く引退できるなと思いました☺️ 同期はもちろん、後輩1人1人には自分には持っていないマネージャーとしての魅力があります。 後輩にはこれからも学年を超えて協力し合い、よりよいマネージャー組織を作っていって欲しいなと思います。 私の今の部活へのモチベーションは、日々頼もしくなる後輩と一緒に練習を回すことです。 私たちが引退するまでにもし何かわからないこと、不安なことがあったら、 どんなことでもいいので、私じゃなくてもほかの同期に、どんどん聞いて欲しいなと思います。 私たちも自分たちが教えてあげられることは全て引き継いでから引退したいなと思っています。 たくさんのことを学ばせてもらったこの部活に私ができることはこれくらいなのかなと思います。 また、この同期4人とだからここまで来られました。 同期マネージャーへの感謝の気持ちはここでは収まりきらないので、引退のときまで取っておくことにします。引退のときにちゃんと1人1人に伝えたいと思います。 長くなりましたが、神大戦まで1週間を切りました。 同期プレイヤーはこの4年間、どの後輩たちよりもラクロスを生活の中心に考えてきた代だと思います。そんな強い同期を尊敬しています。神大戦もall box membersみんなで勝利を掴みとりましょう! 次はちはやふるフェイスに期待のりょうお願いします!
>> 続きを読む

Bリーグ結果報告 (月, 17 9月 2018)
こんにちは! 2年MGの岡野有紗です🕺 だんだんと涼しい日が増えてきて、長袖が恋しくなってきました!個人的にはこの気温が永遠に続けばいいなと思っています🌿 さて、近況報告に移りたいと思います。 先週Bリーグの最終戦が赤羽グラウンドで行われました。vs慶応をもちまして第5試合に渡る18シーズンのBリーグは幕を閉じましたので、試合結果を報告をさせて頂きます。 第1戦 vs日本体育大学 ×3-12 第2戦 vs中央大学 ×1-7 第3戦 vs東京大学 ×0-12 第4戦 vs立教大学 ×3-12 第5戦 vs慶應大学 ×2-13 勝利を収めることはできませんでしたが、この悔しさをバネにAチームの底上げや脅威となるような存在になるよう、日々の練習や自主練に励んで行くBチームに期待が高まります。 また、今週末にはリーグ戦の第2戦も控えています。Bチームの人たちはどんな応援が力になるのか実際に感じたと思います。これからのリーグ戦でその応援をし、全員の力で一部昇格につなげていけたらいいと思います📣🔥 [今週の予定] 9/18 火 三鷹大沢7-9 9/19 水 小石川 6:30-10:30 9/21 金 B7-11、惣右衛門8-10 9/22 土 大宮けんぽラグビー9-12、清瀬C7-9 9/23日 リーグ戦vs神奈川@西千葉 12:50FO、A7-9
>> 続きを読む

4年 古林聖渚 (金, 14 9月 2018)
 長谷川おじいちゃんから紹介されました古林聖渚です。 「ワイ将」を使いすぎて、気づいたら一人称が「ワイ将」になってしまいました。来年から社会人なのでそろそろ直します笑  最近ふとした瞬間にもうすぐで引退かーって考えることがあります。少し前までは同期と一緒に居られるのもあと半年くらいか、と冗談半分に言い合ってたのにもう2ヶ月程しかありません。 引退の事を考えると高校の頃を思い出します。 高校の部活の引退式のとき死ぬほど泣きました。別に上手かったわけでも試合に出てたわけでもない、Bチームで大した努力をしたわけでもないのに、いざ引退となるとなぜか涙が止まらなかった。もちろん寂しさもあったけど、それ以上に3年間何やってたんだろう、もっと努力すれば良かったっていう後悔が一番大きかった。終わってからそのことに気付く自分の馬鹿さ加減に情けなくなった。 大学は何かに本気で取り組みたいと思ってラクロス部に入った。 1年生の頃は、後悔したくないその一心でひたすら壁当てをした。そしたら少しだけ上手くなってそれが評価された。単純な自分は嬉しくて舞い上がった。2年になって練習不足からBチームに落ちた。また後悔した。あの時やっておけばよかったって。 3年になってリーグ戦に出場できた。公式戦に出れたことが嬉しすぎた。でも結局何もできなかった。チームに対して何か貢献したかと言われれば何もしてない。また同じ失敗を繰り返した。 何回同じミスすんだよって自分を責めた。 結局、高校で学んだように見えて何も学んでなかったのかもしれない。 でも、せめて、大学生活最後の年くらい後悔なく終わりたい。 中途半端に終わったら一生後悔すると思う。 同じミスばかり繰り返した4年間だったけど、4年間ラクロスと向き合ってきた事に嘘はない。だから、絶対に無駄にしたくない。 そのためにも最後まで自分にできる事は全力で取り組む。 絶対に勝って一部昇格して終わろう。 次はおだちです。
>> 続きを読む

4年 長谷川雄哉 (木, 13 9月 2018)
こんにちは、おじちゃんです。 32歳子持ちに間違われた経験はありますか? 僕にはあります。 ももちゃん、こんどはブレてない写真撮ってもらおうね。 「はせってB落ちたとき、このままBで終わるんだろうて考えてた?」 昨日の帰り道、ひかるに聞かれました。 去年だったらうんって言ってたかな。てか、諦めてた。 けど、今年はほんとうに1回も考えなかった。このままじゃ終われないと思った。 年明け1発目の練習で肉離れ。2ヶ月離脱。 つま恋で復帰して、AB分けの紅白戦ではAだったけど、最初の練習試合でBチーム落ち。落ちて初めての練習で肉離れ。 焦った。でも、気持ちを落とさず頑張ろって思えた。 それは間違えなく後輩のおかげだし、同期のおかげ。つまりチームのみんなのおかげ。 たまにアドバイス聞きにきてくれたり、ほぼ毎日奢ってもらうために「げらさん、げらさん」ってたかってくる、後輩。 最近なんかタメ口だもんな。近づいただけで爆笑されるし。笑 でもそういうみんなのこと嫌いになれないんだよね。むしろ大好き。 ありがとう。 こいつらのために頑張んなきゃ、なんか残さなきゃって。 Bリーグは勝たせてあげられなかったけど、せめて後輩に1部で戦うチャンスを作ってあげたい。 同期にはほんと感謝してます。 同期旅行行ったり、釣り行ったり。 アドバイスくれたり、いじってくれたり。 ボケるやつがいれば、ツッコミもいて。 いつも賑やかで楽しい時間を過ごせてます。 みんなが同期だったから頑張れるよ。 ありがとう。 特に陽太。 まだ俺がBだったときの小石川の練習後のボール探しで、 「去年のBチームのメンツでリーグ戦でれたら最高だよな~。頑張れよ。」 って言ってくれたよね。 泣いた。この言葉今でも響いてるし、原動力になってる。 純もよく励ましてくれるよね。 ありがとう。 月並みな言葉にはなっちゃうんだけど、俺は1人残らずこのチームのみんなが大好きです。 来年後輩たちが1部で戦ってる姿みたら多分泣いちゃうよね。もういまから楽しみにしてるよ。 まずは今年。 みんなで、勝って泣いて、笑顔で終わろう。 次は"ワイ将"古林くんです。
>> 続きを読む